人生がうまくいかないと感じる原因「発達障害」

発達障害は、生まれつき脳の発達に違いがあることで現れる障害の総称で、「自閉症スペクトラム障害」「注意欠如・多動性障害」「学習障害」の3つが代表的なものです。一人で複数の障害が見られる場合もあり、個人差が大きいことも特徴とされています。発達障害の方は、自身の得手不得手を把握し、それをカバーできる工夫をすれば、自立した社会生活を送ることができます。

症状の例

  • 視線を合わせることができない
  • 他人に関心がない、集団行動が苦手
  • じっとしていられない、しゃべりすぎる
  • 一人でニヤニヤ笑っている
  • 計画性がなく、作業の段取りが困難
  • 言葉がスムーズに発せられない

発達障害の主な分類

自閉症スペクトラム障害
(ASD)
対人関係がうまくいかない、コミュニケーション障害、興味や行動の極端な偏りなどがある。
注意欠如・多動性障害
(ADHD)
年齢に見合わない落ち着きの無さや、衝動的な行動などがある。気が散りやすく、整理整頓が苦手。
学習障害
(LD)
一見してみると知的発達には問題無く見えるが、読む、書く、計算するなどの特定の事柄が著しく苦手。

当院の治療方針

症状を自覚し始める思春期・青年期の方を対象に、
苦手と向き合い、自分らしく生きるためのサポートを行ないます。

成長するにつれて、「なんだか周りの人とうまくいかない」「人生嫌なことばっかり」といった悩みを感じ、「生きづらさ」を強く自覚し始める多感な若年層へ、地域の各機関と連携を図りながら、総合的なサポートを行なっていきます。